mangore.com Renato Bellucci logo
There are no stupid questions, just stupid people. 
.
名曲のマスタークラス
ギター・テクニック
ギターのオーディオとビデオ
音楽理論
価値ある記事と経歴
ギターマスターへの第一歩

お探しの項目をクリックして、該当ページへジャンプ


 
-弦のアタック
-身体の動き
-カルレバーロ-
-テクニックの較べる
-コンクール
-足の正しい位置
-弦を感じる
-ラプラタ川のギター
-カルレバーロ以上に
-可動部分
-演奏組織
-完璧性
-演奏ポジション
-接触点
-右腕の接触点
-人差し指、中指、薬指
-自分のエクササイズを作る
-中間関節のアタック
-レガート
-主関節のアタック
-ピッチカート
-ピッチカートのサウンド
-ピッチカーとの手順
-ソルディーノ
-親指;パート2
-カルレバーロの専門用語
-エクササイズ
-固定化
-リラックスして弾く
-プロの記憶方法
-音質を作る
-ザ・エクササイズ
-親指;パート1
-横断型配置
-ハーモニクス
上行スラー
下行スラー
-親指;パート1
-横断型配置
-エクササイズ
-滑らせ
-人差し指、機能
-ポジション
-指板の区域
-セゴビアと軋み音
-移動
-移動のタイプ
-縮小/拡張
-運指
-序
-セゴビアと運指
-旋回とテコの作用
-右手
-開放弦を使う
-バレ(セーハ)
-半音階
-ギターのポジション
-右手
-セゴビア
-ギターを構えて座る
-特製ギター椅子
-テクニック概論
-テクニックのホラー話
-縮小/拡張
-運指
-
-セゴビアと運指
-旋回とテコの作用
-右手
-開放弦を使う
-複合フォーム
-縦型配置
-左手の配置
-単純な配置
-親指
-横断配置
-和音のアルペジオ
-バレ(セーハ)
-指の4つの筋肉
-練習のし過ぎ
-反復運動損傷
-スケールとスピード
-特殊なバレ
-4指の筋肉
-練習のし過ぎ
-反復運動損傷(RSI)
-特殊なバレ
-スケール
-準備
-オクターブ・ハ−モニクス
-スケール
-準備
-スピードと同時性
-カルレバーロは小さなクッションを使った

パルス
楽音
テンポ
拍節、拍子
全音符
2分音符
4分音符
8分音符
16分音符

休符
大休符
付点音
拍子記号
単純拍子
複合拍子

半音
譜表
加線
音部記号
シャープ
フラット
ナチュラル
音程
楽音
音質
主音(トニック)
下属音
属音(ドミナント)
長三和音
完全5度
長3度
短3度
-ギターの構え
-間違ったテクニック
-乏しい音楽表現
-左腕
-手と指
-カルレバーロは決して指に言及しない
-腕-手首-指の動き
-上体と脚の筋肉
-正しい角度でのアタック
-手首
-ギターの上げ下げ
-正しいギターの構え
-3つの接触点
-ギターと奏者
-5つの接触点
-側面のカーブ

-安定性
-指を弦に90度に位置する
-カルレバーロは90度
-不快な音
-爪のタイプ
-脚の上部をフィットさせる
-上体と下肢のねじれ
-右腕がギターサイドに覆いかぶさる傾向
-肘を上げて消音
-全弦を見る
-ギターを上向かせる
-下部のカーブを無視する
-ギターは内側のカーブにだけ接触する
-腰部はリラックス
-右肩
-身体の動き

-楽器のバランス
-左手と左腕
-脚は動力源
-右足を作動させる
-バランスを繕う
-背骨の緊張を避ける
-右腕はそれ自身が接触点
-右腕は振り子のように機能する
-ギターと共に座る
-なめらかな演奏
-筋肉の緊張を減らす
-正しく座る
-カヴァティーナの練習
-ビデオの助け

右手の洞察:

-右手と左手の一体性
-演奏ミス
-右手
-両手
-ギターは同時性
-右手を見る
-右手を鏡に映す
-左手
-フィンガリング
-記憶プロセス
-コンサートでの確実な失敗
-ギターの置きかた
-形状、厚み、硬さ
-爪の柔軟性
-体格
-指の長さ
-個人的趣向
-接触点
-両脚の間へのギターの沈ませ具合
-弦と指の交わり角度を変える
-親指と人差し指のぶつかり
-甘美なサウンドを出す
-アプローチを考える
-リュート・タイプのルネサンス曲
-標準ポジション
-丸味のある音を出す
-親指と他の指を交わらせない
-バロック音楽のプレリュード、ブーレのポジション
-右手の腱を張る
-スペインとラテン音楽のスピード
-3ポジションの融通
-手首をブリッジする
-下向きの角度
-親指は伸ばしたまま
-循環方法

右手指と弦の接触点、および可動部分

-弦をはじく
-指頭で弦を感じる
-爪で打たれた弦
-ダブル・アクション
-弾かれた音
-弦振動を指頭で止める
-新しい音を創る
-カチカチ音
-レコーディング
-右手を弦の近くに保持する
-4弦の軋み
-弦と爪の角度
-アタック角度
-サウンドの質
-爪
-爪の引っ掛かりを防ぐ
-指肉で弦を感じる
-筋肉と腱
-主関節
-手の平の関節
-主働筋肉
-拳を握る

-機動ポジション
-腱の緊張を保つ
-指を戻す
-リラックスした体勢
-アタック手順の分解
-根元からの指の動き
-速い動き
-アタックのスピードをビデオで見る
-主関節からの指の動き
-前腕の掌側
-掌側から生じる動き
-前腕にある主要筋肉
-スペイン音楽とトレモロ
-サウンドの可能性
-両方のアタックを試す
-素早いエネルギーの枯渇
-演奏器官
-ギター演奏のニュアンス
-固定化の概念
-大きな筋肉群を作る
-コード・アルペッジョから1音を強調する
-運指パターン
-疲労
-緊張
-カヴァティーナからの例
-指の単位
-指の麻痺
-弦の緊張を開放
-コードの形を保持
-完璧なテクニック
-筋肉の動きを感じる
-身体と脳
-プロの記憶
-ウルグアイ人教師からの引用

リラックスした演奏について

-筋肉を働かせる
-練習と演奏
-プロの演奏家
-演奏に必要な筋肉
-筋肉疲労
-貧弱な音
-内容に乏しい演奏
-リラックスの諸状態
-筋肉の緊張・弛緩度
-トレモロ
-指の部分的なリラックス
-指の働き
-筋肉疲労の主要因
-筋肉の緊張のさせ方
-要点を押えたエクササイズ
-両手
-エクササイズの手順
-スキルの修得
-右手指の独立性
-指を強調する
-雑音を出さないポジション移動
-ポジションB配置
-固定化の具体化

エクササイズの横型配置

-5段階
-弦を圧迫する指
-腕の重み
-ギターの傾け
-重力の恩恵
-手首の曲げ
-平行な指
アルペッジョ
-圧力の解放
-ポジションを変える
-不意の雑音を防ぐ
-第2ポジション
-指板への圧力
-フォーミュラ
-テクニカル・チャレンジ
-正しい動き
-右手のコントロール
-超手軽なエクササイズ
-完璧に演奏する
-スピード

サウンド作りについて

-ギター演奏
-ミスの恐れ
-ミニチュア・オーケストラ
-ヘクトル・ベルリオーズ
-音作りにおける右手の重要な機能
-サウンドと個性
-サウンドと音質の概念
-訓練された耳
-サウンド・パレット
-調性
-編曲
-サウンドに注意をはらう
-並の演奏者
-右手
-基本サウンド
-芸術性
-アル・アイレ
-音量の調整
-対比させる
-輝き
-深み

親指〜パート1

-立体音響効果
-筋肉の大きさ
-指の筋肉
-筋肉と腱の正しい使用
-異なるサウンド
-4番目のサウンドつくり
-親指のサウンド
-基本態勢
-速い親指の態勢
-より速く
-特殊な親指奏法
-重厚なサウンド
-爪のアタック
-指のカーブ
-親指と人差し指
-純粋な指頭奏法
-対声部を対比させる
-明瞭なカット・サウンド
-音楽判断

親指〜パート2

-4つの親指サウンド
-テクニック
-ピッツィカート
-ソルディーノ
-効果
-ヴァイオリンのピッツィカートの模倣
-シューベルト弦楽四重奏曲 op. 163
-標準的なピッツィカート
-指肉で弾く
-消音
-ピッツィカートの種類
-ピッツィカートの手順分解
-完全なアタック
-円弧運動
-音を消す
-手の外側
-ハーモニクス
-標準的ピッツィカート
-ゆっくりした楽句
-こもった音
-サウンド効果
-手の平の外側
-固定化した親指
-伝統的なギター譜
-新しいスキルの修得
-自分用のエクササイズを作る
-異なる低音サウンド
-固定化の度合い

人差し指・中指・薬指

-多様なサウンド・カラーと音量
-異なるアタック
-極限の動き
-音色と音量のパレット
-アタック

-中間関節を使ったアタック

-中間関節を使ったアタック
-軽いサウンド
-フッキングの多発

-主関節のアタック

-主関節によるアタック
-効率的な筋肉の組み合わせ
-a, m, iの完璧な共時性
-トレモロ・アルペッジョ・コード/a>

-手を使ったアタック

-手全体を使うアタック
-腕と肩
-前腕の回転
-旋律の音
-固定化を伴う基本ストローク
-レスト・ストローク
-弦のアタック
-主よ人の望みの喜びよ
-a, m, iの固定化
-弦を横に削ぐアタック

-目立たせるためのサウンド作り ...

-分離
-副次的ノイズ
-速いアタック
-爪でコントラストを得る
-アタックのスピード
-音量
-筋肉総体
-指のメカニズム
-総合的コントロール
-右手のテクニック
-演奏器官
-筋肉群と腱
-サウンド
-芸術的サウンド
-テクニックの創造性
-独自テクニック
-優れた教師
-親指の手順
-右手各指の筋肉群
-異なるアタック
-伝統的なギタースクール
-甘美なサウンド
-筋肉と腱の微妙なコントロール

- コードの音

-ヴィラ=ロボス「プレリュード第1番」のパッセージ
-コードの1音の強調
-指の主人になる
-テクニックの結合
-指の突き出し
-プラッキング
-異なるポジション
-コードとアルペッジョ
-優れたエクササイズ
-スピードを得る
-指を他弦へ移す
-弦から弦へのジャンプ
-弦を感じる
-新しいスキルを学ぶ
-ロマンス
-メロディを強調する
-手軽なエクササイズ

-左手
-疲労という言葉
-指を考える
-手と指を配置する/a>
-配置
-左手への適用
-弦の押さえ
-左手の有効な使用
-正確さと雑音
-軋み音
-フレットに慣れる
-単純配置と複合配置
-単純形
-タテ型
-半音階
-フレットに平行な指
-スケール
-左手親指
-旋回軸
-親指を旋回する
-右手指をずらさない
-手首の関節
-手首
-骨の可動
-コードを弾く
-ヨこ型配置

-複合形
-単純形
-異なる神経細胞
-カヴァティーナ
-バレ(セーハ)
-単純タテ型配置
-単純ヨコ型配置
-左手親指

-接触点
-正対
-親指の参加
-指の向き合せ
-ヴィブラート
-速いスケール
-親指の位置
-楽句
-左手
-ポジション変更
-親指
-1指と3指
-スケール
-左方向への変更
-右方向への変更
-緊張を避ける
-演奏に必要な圧力/エネルギー
-親指を外した演奏
-テンポを忘れる
-楽句の演奏法
-健全なバランス

-親指と1指
-音楽の純粋表現形
-単音
-スケール/ソロ
-弦楽器奏者
-スケールの演奏
-旋律線
-和音の世界
-バロック弓のカーブ
-スケールの誇示
-自然な流れ
-一般的なポリフォニック奏者
-ピアノ奏者
-持続
-バッハのピアノ・パルティータ
-グレン・グールド
-セゴビアは正しかった
-編曲
-音楽に仕える

-ギター奏者
-速く弾く
-クラシック音楽のエリート
-レパートリー
-早弾きのためのスタインウェイ
-パガニーニ・カプリッチョ

-シャコンヌ
-セゴビアのドイツでのシャコンヌ・デビュー
-シャコンヌのデッカ録音

-スケール演奏のステップ
-スピードを上げる
-クラシック・ギタリストに必要なスピード
-エレクトリックかアコースティックか
-弦の張力
-フラメンコギター
-手品の幻想



-エクササイズ
-ギター・メソッド
-テクニック・マスターの要点
-アルペッジョ
-スケール
-トレモロ
-正確さ
-右手親指の独立
-楽器のマスター
 
 

ホーム | 経歴 |e-m@il| サイトマップ| サポートゲストブック | 訪問者のコメント
DVDCDs, DVD & VHS | 会員登録

Copyright ©,
all rights reserved 1997-2007
mangore.net 10th anniversary
 

Copyright and terms of use
##########